青汁を飲み続けると

一昔の青汁は、不味いもう一杯のコマーシャルでおなじみのあの光景ではないでしょうか。しかし、その後青汁を飲む人口が増えてから改良が続けられ、今では、錠剤や固形タイプのように味が分かりにくくなっているもの、牛乳やハチミツとの混ぜることでマイルドな味わいで飲める青汁など、老若男女に飲みやすい青汁が増えてきました。 最近では、青汁のアイスや青汁うどんなどと工夫がされ、あらゆる食品に青汁成分が多用されています。 青汁の効果には、便秘の解消や美肌、美白、血糖値を下げるなどと非常に嬉しい効果をもたらすのですが、これらの効果1日や2日で出るというわけにはいきません。

日々の継続した摂取が必要になってきます。即効性を感じるために、1度に大量の青汁を摂取してもお腹がゆるくなってしまうなど逆効果となります。 最短の方法はありません、毎日定期的に飲む。これを数カ月続けていくことが大切です。また薬とは違って、必ず水と飲まなくても効果が得られます。ですので、水に飽きたら、牛乳やお茶など。また、液体としてでなくても効果が得られるので、卵焼きに混ぜる、お菓子に混ぜるなどして味のバリエーションを変えて楽しんでみるのも長く続くコツでしょう。

青汁を摂取するタイミングですが、最も効果が現れるのは、朝。朝食時の水分補給と一緒に青汁を飲むのがよいです。朝の空腹時に摂る栄養素は吸収が早く体内に素早く定着します。このタイミングで青汁を摂取することで、ビタミンやカリウムなどの栄養素をたくさん吸収し体を活性化します。